そばかすを薄くしたいなら、おすすめの化粧品はどれ?

 

「このそばかす、どうにかならないかな?」

 

と鏡の前でため息をついているあなたへ!

 

おすすめのそばかす対策化粧品をご紹介します

 

 

そばかす対策の化粧品ランキング

 

 

そばかす専門クリーム「フレキュレル」

 

種類3

 

  • 返金保証:180日間 返金保証
  • 内容量:40g(1か月分)
  • 定期購入:4,473円(3回目〜)

 

「化粧品って合わないと、お金がもったいないよね・・・」

 

フレキュレルは180日間!と約6か月の返金保証付きがあるため、万が一お肌に合わない場合は、返金も可能です。

 

※明細書・商品容器・商品箱の3点は捨てないにしてください。

 

 

デメリットは?

 

トライアルセットだけでは、シミ対策は微妙です(汗)

 

 

 

【フレキュレル 公式サイト】
→http://www.frequrell.com/

 

 

ホワイトニングリフトケアジェル ・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

 

デメリットは?

 

多忙でマッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://www.mebiusseiyaku.co.jp

 

 

美容についての基礎

 

そばかすが気になる人

 

顔にシミができる原因

 

顔にシミができる原因として一番に紫外線が当てはまります。小さなころからたくさんの紫外線を浴びたことにより皮膚内にあるメラノサイトが刺激を受けてメラニン色素を作り出し、これが過剰分泌になるので肌が健康でもシミができます。

 

メラノサイトは肌への摩擦や刺激によってもメラニン色素を作り出します。そのため毎日のメイクや化粧品が原因でシミができます。チークブラシやパフで、肌に摩擦や刺激を与えている頬に、シミができやすいのがこれを物語っています。肌に刺激を与えない柔らかいブラシやパフ、化粧品選びをすることが大事です。また、クレンジングや洗顔フォームで肌を強くこすることもメラニン色素を作り出す原因の1つです。

 

ほかにも生活習慣が悪いとシミができてしまいます。甘いものを摂りすぎると、糖化という体内に残った糖と細胞の主な原料であるたんぱく質が結合してAGEという褐色老化促進物質を作り出します。糖化は肌の焦げと言われているほどシミがどんどん広がっていく嫌なものです。

 

無理なダイエットや睡眠不足もシミの原因です。ダイエットによってストレスやホルモンバランスが乱れるのはもちろん、激しい運動をすることにより体内の活性酵素が増えてメラニン色素の生成を刺激します。そして睡眠不足になると肌細胞の生成がスムーズにいかなくなるため肌のターンオーバーが遅くなり、メラニン色素が剥がれなくなります。

 

そばかすが顔にできる原因とは?

 

そばかすが顔によく出来るというのは、紫外線が原因であることが多いです。

 

紫外線は肌にとっては大きな刺激ですから、肌を守るためにメラニンをたくさん作り出すのです。

 

基本的にはメラニンは一定期間を経るとターンノーバーで古くなった角質とともに剥がれ落ちますが、間違ったスキンケアや加齢、現代病とも言われているストレスがもとで正しく行われず、
肌の表面にたまってしまうのです。すると肌の表面で色素沈着を起こし、それがそばかすやシミとなって表れてしまいます。

 

メラニンはそもそも肌を守るためにあるものです。刺激を受けた肌を守るために色素を濃くしていますので、
そばかすが出来ないようにするには肌を厳重に守る必要があるのです。

 

しかし強い日焼け止めを使用した後にきちんと落せていないと、今度は肌荒れが原因でそばかすが出来てしまいますので注意が必要です。

 

タオルや手などでごしごしとこすらないこと、力を入れたマッサージをしないこと、肌にあわない化粧品を使わないことなどが大切です。

 

顔によくそばかすが出来るというのは、やはり顔は紫外線の影響を受けやすいからでしょう。鼻の頭やほほ骨あたりなどはしっかりと紫外線対策をすることがおすすめです。

 

化粧品の基礎

 

化粧水の本来の役割とは?なぜ使う

 

化粧水は、スキンケアの中でも最も基本的なものと言われています。そのため、多くの女性が、毎日のスキンケアで化粧水を利用しています。

 

しかし、果たして化粧水にはどのような役割があり、なぜ使うべきなのかをご存知の方はあまり多くないのではないでしょうか。
化粧水を使う効果として、第一に、肌に潤いを与え、保湿を行うというのがあります。しかし、保湿とは言っても、肌の内部に水が入っていくわけではないため、あくまでも表面の保湿ということになります。

 

よって、過度につけすぎることは決して良い効果を生まず、逆に肌の乾燥を促進させてしまうという悪影響を引き起こします。適量の化粧水で皮膚の表面を潤わせることで、
皮膚の調子が整い、表面が滑らかになります。お化粧前に使うと化粧ノリが良くなるのは、この効果があるからです。

 

また、化粧水の中には、肌から水分が蒸発するのを抑える効果のある成分が含まれているため、肌を保湿すると共に乾燥を防ぐことができるのです。

 

普段何気なく使っている化粧水には、実は多くの効果があり、スキンケアの中で非常に大切な役割を担っているのです。時分の肌に合ったものを、適切な量だけ使うのが一番ですので、是非心がけてみてください。

 

乳液はどうして使うの?

 

基礎化粧品というと、すぐに「化粧水と乳液」が思い浮かぶ方が多いと思います。

 

肌に水分を与えるために、化粧水を使うというのは何となくイメージが湧きますが、乳液の役割はというと、明確には分からない、と感じる方もいるかも知れません。

 

なんとなく化粧水とセットで使うもの、という印象ですが、実は肌にとってとても大切な働きをしてくれるのです。

 

乳液の役割を知ることで、肌への意識がさらに高まること間違いなしです。乳液には、肌の水分と油分を補い、うるおいを保つという働きがあります。

 

化粧水は、肌の水分を補い、うるおいを与えるために使用しますが、それだけではせっかくつけた水分が蒸発してしまい、うるおいを保つことができません。

 

うるおった状態の肌に乳液の油分がのることで、肌の水分が失われるのを防いでくれるのです。大人ニキビで悩んでいる方などは、「ベタベタしてニキビが増えそう」と乳液を使うことを敬遠することが多いのですが、
大人ニキビは乾燥によってできることが多く、しっかりと油分で肌のうるおいを閉じ込めることで、逆に大人ニキビが落ち着いていくケースが多いのが事実。

 

また、乾燥によってシワやたるみが増えることも分かっていますので、日ごろから乳液でしっかりと保湿をおこなうことが大切です。